doken

南海地震に備える

どうして地震が起こるのか
南海地震とは何か
過去の南海地震
南海地震はいつ起こるか
南海地震の規模

南海地震で何がおこるのか
過去の南海地震の揺れ
予想される揺れ
揺れの長さ
緊急地震速報
高知の平野
高知の地盤
地盤の液状化
谷埋め盛土地盤の崩壊
斜面災害
山津波

過去の南海地震の津波
予想される津波
どうして津波が起こるのか
津波の波
津波の威力

過去の地盤の沈降
高知平野の地盤の沈降と浸水

余震
地震後の救援活動と地質

活断層による地震

引用文献


<ホームページトップへ>
<サイトマップ>

Copyright 2014 Okamura-Doken

山津波

地震による斜面災害のひとつとして、山津波の可能性も考えなければなりません。山津波は斜面が崩壊することによって河川が堰き止められて湖ができることにより発生します。水がたまり続けてある限界を超えると堰が耐えられなくなり、堰き止められた水や土砂が一気に下流を襲います。地震以外にも大雨などでも引き起こされ、2011年台風12号の豪雨による土砂崩れで、紀伊半島ではこの堰き止め湖がいくつも形成されました。幸い崩壊による大きな被害はありませんでしたが、大がかりな警戒体制がとられました。

頻繁におこる災害ではありませんが、もしもの時にそなえて記憶の片隅に残しておきましょう。川の状態が地震後にいつもと違うとき(たとえば川の水が涸れる、川が急に濁る)は、注意する必要があります。

図21.山津波の模式図 1:地震前の谷 2:地震による斜面の崩壊により川が
堰き止められる 3:堰が耐えられなくなり、水と土砂が下流を襲う

図22.善光寺地震の虚空蔵山崩壊による湛水地域と洪水地域(宇佐美、1996より)

地震にともなう山津波の例としては、1847年5月の長野県の善光寺地震によるものがあげられます。この地震の余震によって虚空蔵山という山が崩れ、犀川を堰き止めました。雪解けの季節でもあり、この堰き止め湖は30km以上上流まで延び、数十ヵ村が水没しました。そして19日後に決壊が起こり、下流一帯に大洪水が起きました。小市という村では洪水の高さが21mに達し、50kmほど下流の飯山でも4mの高さがあったといわれています。この大洪水によって、多くの住民が避難していたにもかかわらず、100人余りが亡くなりました(宇佐美、1996)。

1857年4月に起こった富山と新潟の県境付近を震源とする飛越地震(飛騨と越中なので)では、立山連峰の大鳶(おおとんび)山と小鳶山で大崩壊が発生しました。これにより富山平野に流れ込む常願寺川の上流の真川と湯川の2本の川が堰き止められました。地震から2週間後に地震があり、湯川を堰き止めていた土砂が崩壊し、たまっていた水とともに一気に流れ出ました。さらに飛越地震から2ヶ月後には真川の堰が決壊し、大洪水となって富山平野を襲いました。この2回の洪水で流失もしくは全壊した家屋は1600戸、富山藩が避難を指示していたにもかかわらず140人の死者を出しました(伊藤、2002)。

次へ進む> 過去の南海地震の津波