doken

南海地震に備える

どうして地震が起こるのか
南海地震とは何か
過去の南海地震
南海地震はいつ起こるか
南海地震の規模

南海地震で何がおこるのか
過去の南海地震の揺れ
予想される揺れ
揺れの長さ
緊急地震速報
高知の平野
高知の地盤
地盤の液状化
谷埋め盛土地盤の崩壊
斜面災害
山津波

過去の南海地震の津波
予想される津波
どうして津波が起こるのか
津波の波
津波の威力

過去の地盤の沈降
高知平野の地盤の沈降と浸水

余震
地震後の救援活動と地質

活断層による地震

引用文献


<ホームページトップへ>
<サイトマップ>

Copyright 2014 Okamura-Doken

どうして地震が起こるのか

どうして地震が起こるのかといえば、それは高知の大地は常に海側から押されつづけているからです。プレートという言葉を聞いたことがあるかと思いますが、地球の表面は十数枚のプレートと呼ばれる板状の岩盤に別れていて、それらがゆっくり押し合いへし合いを繰り返しています。ちょうど高知の下はフィリピン海プレートがユーラシアプレートの下に沈み込んでいる場所なのです。

プレート

図2.高知沖におけるプレートの沈み込み(この図は縦の長さが横の2倍程度強調して描かれています)。地震が発生する震源域はプレートの境界面、×印の部分になります。

南海地震は遥か沖合の南海トラフで発生すると思われていますが、実際に地震が発生するのはユーラシアプレートとフィリピン海プレートの境界面ですので、トラフよりもずっと陸側になります。高知では私達の生活場所の真下、地下およそ30kmで地震が起こることになります。

昔は地震は点で発生すると考えられていたので「震源」という言葉が使われましたが、現在は地震は面的に岩盤が破壊されて発生すると考えられていますので、地震が発生する場所は「震源域」と呼ばれます。「震源」は現在では震源域のなかでも最初に破壊が始まった点を示す言葉として使われています。南海地震の震源域は、南海トラフの陸側に沿って延びる領域になります。

図3.地震発生の模式図

プレートが沈み込むとき、抵抗なくするすると滑り込めば地震は発生しません。しかし固い岩盤はくっつき合って、そこに歪みがたまってしまいます。ぐいぐい押し込む力に耐えきれなくなった時に、どんと岩盤が破壊して地震が発生します。

このプレートの沈み込みは少なくとも7000万年ぐらい前から続いていて、まさに数え切れないほどの南海地震を起こし続けてきました。高知の地盤の基礎を成す岩石は、もともと深い海の底で堆積したものです。それが、海側から押す力によって陸上に押し上げられ、いまの大地を造っているのです。

私たちが暮らしているこの高知の大地は、実は南海地震によって造られてきたのです。

次へ進む> 南海地震とは何か