Top コース紹介 講義・実験 研究機器 出版物 研究室

講義・実験

 生物科学コースでは,生物の多様な存在様式と活動およびそれを支えている生命機構に関して,分子や細胞レベルから個体や生物集団レベルに至る総合的な教育を目指しています.このため本コースの教育カリキュラムは,特定の分野に偏らず生物学全般にわたる領域を十分カバーできる内容となっています.さらに高知県の豊かな自然を活用した実践的な内容も多く取り入れられています.
 2013年度の講義や実験,実習は下記の通りです(*は必修科目).2年次には各自が所属コースを選択し,3年次にはアドバンスコースとジェネラルコースへ分かれます.アドバンスコースの学生は3年生の11月頃に各研究室への配属が決まり,4年生になると大学生活の総決算と言える卒業研究を行うことになります.学生一人一人が独自の研究テーマを持って1年間をかけて研究活動を行います(ジェネラルコース履修者は、卒業研究を選択することができません.卒業研究の要件はこのページの下にあります).

2013年度1学期 *は必修科目

 
1   植物系統学   基礎ゼミナール 植物生態学
2 生物科学英語ゼミナール
科学英語(レスリー)
科学英語(マナー)
動物生態学 理論生物学 古生態学(3年) 植物形態学
3 分子生理学
生物学概論 I(谷地森)
生物学概論 I(佐々木)
植物生理学
生化学
  植物分類学実験(3年) 動物生理学
保全生物学(3年)
4 原生動物学 基礎生物学実験  

動物分類学
海洋植物学
植物分類学実験(3年)

生物科学実験
5   基礎生物学実験   植物分類学実験(3年) 生物科学実験

集中:形態形成学臨海実習(2年以上),植物地理学実習(3年),植物生態学実験(3年),海洋生物学実験(3年),
陸水生物学実習
(3年),動物生理学実験(3年),生物科学課題演習(通年),生物科学特論 IV(電子顕微鏡学 4年),
基礎生物学実験(集中)

2013年度2学期 *は必修科目

 
1 生態学 生物学概論 I(関田)
生物学概論 II(富永)
生物学概論 II(湯浅・藤原)
専門情報処理演習 細胞構造学
発生生物学

海洋環境学
2  

細胞生物学

細胞分子生物学 脊椎動物学
分子遺伝学
3 無脊椎動物学 細胞生理学
分子生物学
  古生物学
系統進化学
細胞生物学実験(3年)
多様性生物学
4   基礎生物学実験   植物分類学
細胞生物学実験(3年)
 
5   基礎生物学実験   細胞生物学実験(3年)  

水界生態学基礎生物学実験(集中)

生物科学コースで卒業研究を行うのに必要な授業科目及び単位数
(アドバンスコース)
 卒業研究を行うには3年以上在学(早期卒業予定者は2年以上在学)し,初年次科目 12単位,外国語 4単位,生物科学コース指定の専門科目のうち18単位を含めて100単位以上を履修しなければならない(履修案内の付表 II を参照).
*ジェネラルコース履修者は,卒業研究を選択することができない(生物科学課題演習は必修,アドバンスコース学生は選択不可).
*アドバンス科目群の履修を希望する者が,本コースでの卒業研究の指導可能な人数を越えた場合,1・2年次に履修した科目の成績をもとに履修者を決定する.